いぬお病院 外観

* 

外 来

外来、どんなとき受診するの?

最近、どんな方が多く来られているのか調べてみました。
するとやはり一番多いのが「うつ病」の方でした。
やる気がでない、疲れやすい、食欲がでない、集中力がなくなったなど様々な困った問題でお見えになられているようです。

しかし「うつ」の症状はそれだけではありません。
眠られない、肩がこる、頭痛がするなど身体的な問題を引き起こすこともよくあります。
そのような体の不具合でお見えになられる方も多くいらっしゃいます。

そのほか最近多くなっているのが「あがり症」「赤面症」と呼ばれる「社交(社会)不安障害」や突然の不安におそわれる「パニック障害」です。

これらは生まれつきの性格のためだとか、気の持ちようだという解釈で従来治すことはできないと思われてきましたが、今では薬による治療が可能となりました。

それは脳内の「セロトニン」と呼ばれる精神情報伝達物質のバランス改善によるものです。
まさか薬でこのような症状が改善できるとはにわかに信じ難いかもしれませんが、これらの症状は実によく治ります。

治療者である私自身が驚くほどの改善をするほどです。

実際何人もの方がお見えになられ、すでに辛い思いから解放され楽にお過ごしになられています。
治療そのものも、一定期間が過ぎればいずれ薬はいらなくなります。

人前に出ることで不安になって辛い思いをするなんてもったいない。
不安のために電車に乗れなかったり、車を運転できないなんてもったいない。

是非治療することで、仕事でもプライベートでも楽しく過ごして、積極的な人生を送られることをお勧めします。

外来受診について

初めての方
予約は必要ありませんが、専門分野がありますので、受診される前に一度お電話にてご相談ください。
お問い合わせ:0942-82-7007
治療対象年齢
高校1年生~75歳
診察可能な疾患
・統合失調症
・うつ病
・あがり症
・赤面症
・パニック障害
診察を行っていない疾患
・依存の問題(アルコール、ギャンブル、薬物)
・老人の問題(認知症)(注:認知症に限らず、75歳以上の方の初診はお断りしています)
・こどもの問題(発達障害、アスペルガー障害、学習障害、ADHD、多動児、自閉症)
・脳機能の問題(てんかん、知的障害)
診察曜日
月曜日〜土曜日
診察時間
午前 9:00〜12:00(受付は11:45まで) 午後 2:00〜5:00(受付は4:45まで)
各医師の外来担当日はスタッフのページをご覧ください。